上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.01.26 飼育環境
カメ飼育環境のまとめ。

P1010999.jpg
以前実家で水草水槽をしていた変形90水槽を使用。W900D320H350
床材はヤシガラパーム粗目。
H350なので紫外線も下まで届くちょうどいい高さ。

P1020011.jpg
一番基本の紫外線蛍光灯は20W(60cm)3灯式。レプティサンそれぞれUVB10.0・5.0・2.0の三本。
点灯時間はタイマーで7:00〜22:00
少々長いけれど、帰宅したときに真っ暗だと部屋の電気で逆にカメのストレスになるかと思い遅めの消灯。
約10ヶ月で交換。

P1020006.jpg
保温球は100W
真夏以外は24時間点灯。
90水槽のサイズだと一般的には少し弱いかもしれない。が、マンションの4階中部屋なので冬場の室温はそれほど下がらない。いまのところ一番寒いと思われる場所に設置してある温度計が20度を下回ることはないので大丈夫だと思う。
予備の保温対策に暖突もいれてあげようかと検討しているが上部にスペースがない・・・。

P1020005.jpg
バスキングスポット&紫外線強化のためにパワーサンも設置。
紫外線蛍光灯と同じタイマーで点灯消灯させている。

P1020013.jpg
昼寝はバスキングスポットの淵でしていることが多い。

P1020007.jpg
水場は以前かなり小さくてひっくりかえしまくっていたのだが、浸かれる大きさにしてからはひっくりかえすこともなくなった。
飼育本なんかだとチチュウカイリクガメは乾燥帯に生息しているので、あまり水は飲まないような記載があったりするのだがけっこうゴクゴク飲んでいる。飼い主に似たのか。

P1020004.jpg
エサ場はタッパーのふた。
以前はそのまま床材の上においていたが、成長するにつれて床材もろとも強引に食べることが多くなったので。
害はなくてもあまりお行儀がいいと思えなかったのでエサ場をつくることにした。
が、キレイにエサ場の上で食ってくれることは少ない。基本的に好きなものから食べ散らかしていく。

P1010991.jpg
家にいてるとバスキングスポットから人間観察していることが多い。
腹が減るとなんかよこせと暴れる。無視するとふて寝。
Secret

TrackBackURL
→http://lh1690.blog38.fc2.com/tb.php/983-9d22e5c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。