上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.29 日本一
登ってきたぜ。ニッポンイチの富士の山。


バスで新宿から出発して、山梨側の5合目まで。
一気に標高2300Mまで2時間ちょいで到着。近い速い☆
P7260499.jpg
御来光をてっぺんで拝むために夜中出発。
22時半から登頂開始。
P7260500.jpg
六合目過ぎたくらいからごったがえし。
山は好きやけど、人ごみは苦手やなぁ・・・。

標高はともあれ、基本的にルートもしっかりと整備されてて登りやすい。
うっすらと明るくなってくると、そこは雲上。
神様です。
いや、ミスターポポか。
P7270502.jpg
9合目を目前にして、御来光となりました。
てっぺんまでもう少しやったが・・・。
P7270503.jpg
幻想的な日の出。
さすがにちょっと感動。
むかし槍ヶ岳や飯豊山で見た御来光と全然見え方が違った。不思議。
P7270504.jpg
本当にここは山か??
9合目過ぎてから渋滞で全然動かん・・・。
ここでテンション激下がり。
P7270506.jpg
ようやく山頂倒着。
標高3700M超とは思えんほど人だらけ。
高山病で苦しんでる人も一杯いたけど、幸いにもウチのパーティはそんなにひどくなかった。
P7270507.jpg
いままでどうなってるのか少し疑問に思ってた富士山火口。
やっぱりデカイね。

登りの渋滞のロスで時間的に厳しい。と思われたため、御鉢巡りは断念。
P7270508.jpg
ニッポンイチ高い男でしたが下山。
ヒラサラリーマンに戻ります。
P7270509.jpg
火山灰の粉塵を巻き上げながらザックザク下ります。
ザックザク。
目くそ・鼻くそ・耳くそ全部真っ黒。
P7270510.jpg
しかし、富士山は遠景とちがってまさに「死の世界」。
全く動植物は無い。
南北アルプスとは同じ標高の場所でも、だいぶ様相がちがう。
P7270511.jpg
7合目にお馬さんがいます。
ブルジョアジーな勝ち組の人はこれに乗って5合目まで帰ります。
P7270513.jpg
気分だけでもセレブになりたかったんで、跨って写真だけ。
300円也。
P7270512.jpg
こいつはもうお約束。
美味いのなんの。至福のふじやまビール


まぁ一緒に行ってた子も言ってたけど、山というか・・・。
レジャーランドやね。
富士急ハイランドの続きみたいな。

勿論3000M超の山なんで、なめてかかると痛い目みるでしょうが。
Secret

TrackBackURL
→http://lh1690.blog38.fc2.com/tb.php/86-be6f9437
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。