上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MTB
最後の(先週組み付け中にこわした)パーツが来たので、とりあえず完成。

iphone 073

VOODOOのカテゴリではオールマウンテンに分類されるCANZO’26
名古屋に来てから一緒に走る人に感化されたりして、いままで中途半端にクロカン仕様だったCANZOをオールマウンテン仕様にカスタムした。

イメージはこんな感じ。
↓↓↓
f60fec75.jpg
・・・違う。

こっちだ。
↓↓↓
5813488_m.jpg
「こいつは・・・エースだ。」


まずはハンドル幅を620→660
ウィスラー仕様なら700以上欲しいところだが、日本のトレイル。特に京都のトレイルなんかだと700UPではかなり厳しい。
ライザーバーとフラットバーの違いはあるが、乗り慣れているLYNSKEYと同じ幅にした。

iphone 071

前にも書いたけど、フロントのディスクローター径は160→185へ。

iphone 068

ステムはTHOMSONの4X 50mm0°
短いステムでコントロール性を機敏に。

iphone 070

今回いちばん金がかかったのが可変シートポスト。
CrankBrothersのjoplin4r
僕の世代はマクロスやらZガンダムやら可変という単語に非常に弱い。

iphone 069

もちろんリモート付き。
ワイヤーの取回しがちょっと気に入らないな~。リモート位置の再考は必要か?

iphone 072

グリップもおニューに。
CaneCreakのトカゲロックオングリップ。

あと、タイヤは今後検討。現状Fアーデント・Rクロスマーク。
リアもアーデントにするかな?

本音をいえばFサス・ホイールも径36&15mmアクスルが理想ですが、そこまではさすがに手が回りません。


しかしまあ、山に行くのが楽しくなる仕様にはなったかな?
山で乗り回せるのは来年2月以降ですが・・・(´・ω・`)
Secret

TrackBackURL
→http://lh1690.blog38.fc2.com/tb.php/841-64fb5384
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。