上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.10.30 なまず
おちょぼさんこと千代保稲荷の門前にある、やまと新館に行ってきた。
ロード練コースのちょっと北にあるので気になっていたのだ。

お目当てはコレ。

なまずの蒲焼。

なまずの外観を思い起こすと、イメージとは全く違う味わい。
かといって、鰻ほど濃厚でもない。
意外とあっさりしている。ホッケに近いといえばちかいかも。

蒲焼が焼きあがるまではこいつがツマミ。

総理大臣・・・もとい、どじょうの唐揚げ。
スナック菓子の感覚でパクパクいけます。
ちなみに100%天然どじょうとのこと。ウチの魚の餌用は養殖ものだ。

で、川魚といえば。

鯉の刺身。
鯉といえば、かの細川藤孝も得意料理としていた高級魚。美味しく食すには料理人にそれなりの腕が必要・・・と言われる。

臭みは全くない。身の固い鯛のような印象。先入観がなければこれは美味い。
が、甘い味噌カツの味噌のようなタレにつけて食べるのはちょっと辛かった。お醤油を頼めばよかった。


茶碗蒸しは美味しかった。蒲焼の濃いタレとあいます。

てなわけで、ごちそうさまでした。

帰りにおちょぼさんにお参りして帰宅。
Secret

TrackBackURL
→http://lh1690.blog38.fc2.com/tb.php/825-34f5963f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。