上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.08.10 ひさしぶりに



司馬遼太郎記念館へ。

むかし、鶴見で営業してた頃よくサボリに来てたな~。
あいかわらず蔵書の量には圧倒される。
手にとって読んでみたい蔵書もいっぱいあるが、それはできない。
これらの蔵書も、司馬遼太郎の死と同時に書籍としての役割を終えたということだろう。

東京で後輩の設計社員が崇敬している安藤忠雄氏の渾身の作品だということで、以前は全く気にすることは無かったが、建築物としての司馬遼太記念館を意識して見た。

正直よくわからない。
が、本宅の書斎はいつ見ても理由なく感じいってしまう。

iPhoneから送信
Secret

TrackBackURL
→http://lh1690.blog38.fc2.com/tb.php/540-875852f3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。