上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MTB
地獄に行ってきました。
いや、間違えた。アドベンチャーイン富士見に行ってきました。
MTB50km

P5170021.jpg

早朝4時に現地着。
家を出て、甲府くらいまでは天気もなんとかもってたけど・・・・現地はドチャ降り!
そして、何よりも寒い!!
ウィンドブレーカーや雨具はあるけど、膝上レーパンと指だしグローブは完全に失敗。

軽量化(トイレ大)はギリギリに成功して、やる気のないラッパ見たいなコール音で、さあスタート。


↓↓↓ツラかった・・・。
スタート後は舗装路をハイスピードで下る。下る下る。
寒いっ!!レーパン1枚のケツに水しぶきが舞い上がる。天然冷水ウォシュレット!
冷たいっ!!

しばらく走ると林道に。
荒れてはないけど、そこそこの斜度。

雨はあいかわらずドチャ降り。霧も出てきた。
轍屋メンバーと抜いたり抜かれたりしながらひたすら登る。

そこそこ高度を稼いだ所で、一瞬晴れ間が。
見える景色はサイコー。天気が良かったら天国みたいなコース。
王滝や飯能みたいに遥か彼方に走っていく道が見えることはない。
が、見上げると・・・絶望。
壁みたいな山にひたすら林道が巻いていってる。
「あそこまで登んの・・・・?」

わずかな晴れ間のあとは、また雨。
しかも強くなってる・・・。

第3エードを越えると、ドロドロの部分的なシングルへ。
少しでも気を抜くとすぐにスリップする。
その後はダブトラを下って、また登る。

山頂周回の舗装路に出たとこで、すぐ後ろの人に話しかけられる。
「舗装路ってホント。走りやすいですよね~☆」
ダート脱出がよっぽどうれしかったみたい。
アスファルト万歳!!

第5エードを越えると、悪名高い「地獄坂」。
平均斜度は12%以上!!
ドロドロのアイウェアもはずして、インナーローで歩くようなスピードで登る。
しかし、ラインをミスって落車!!
うぅ・・・。暫く呆然。
そんな状況でも、冷たい雨は容赦なく体を冷やしていく。
「もう帰りたい・・・。」

そんな折れかけた心を奮い立たせたのが、そこで追い抜いていった美人ライダー。
ゆっくりやけど、激坂を押さずに登って行ってる。
すかさず乗車して美人ライダーを追う。
美人ライダーのケツをひたすら見ながら地獄坂クリア!!
ありがとう。美人ライダー(のケツ)。

そして、ダウンヒルCコースへ。
GWに散々走ったコース!!
しかし、マッド状況なので慎重に。
Cコースは完全に川でした。ダウンヒルというよりラフティング。

しばらく慎重に恐々走ってたけど、2人くらいに抜かれてから、なにかがプッツンした。
「この生き地獄から一刻も早く抜け出したい。」
そんな自分自身の生存本能が、なにかのリミッターを解除させたのかもしれない。
京都みたいに根っこも張り出してないし、誰かのライン痕をたどればこけない。多分。

途中から自分にしては超ハイスピードで降りきって、ゴールへの最後の登りで足がつる。
無視してひたすら踏む!!
そして・・・これで・・・ホンマに最後の短いシングルを降りきってゴールへラストスパート!!

タイムは多分4時間半くらい?
途中、明らかに心が折れてた区間があったもんな~。
P5170022.jpg

いや~。雨と霧とドロとケツしか見てへんかったけど、それなりに充実感はあったかな?
来年はグッドコンディションで挑戦したいね。
Secret

TrackBackURL
→http://lh1690.blog38.fc2.com/tb.php/320-63d911a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。