上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.05.25 CITROEN DS3
と、いうわけで9年間連れ添ったCR-Vより乗り換えました。
P1020221.jpg
マイカーとしてはじめての外車。おフランス車です。
シトロエンDS3 SportShic。マニュアルで6速もあります。坂道発進を練習しなきゃいけません。
P1020227.jpg
まあ、自転車よりギアは少ないので大丈夫でしょう。


Ultra Marinという限定車です。
P1020223.jpgP1020218.jpgP1020229.jpg
ブランバンキーズというホワイト系のボディ色に専用のブルーアンフィニのルーフカラー。
限定などの流行りモノにあまり食い付くタイプではないんですが・・・。
・レザーシート
・HiFiオーディオ
・内外装専用カラー
がついて5万円UPのみ。

ブルー一色の内装と白ホイールは好みじゃなかったけれど、レザーシートとガンダムカラー(?)に背中を押されました。

そもそも、今年の8月にCR-Vが車検の為、漠然と買い替えを検討。
まったく壊れる気配もないしあと2年乗るのもいいんだけれど、株も値上がりしたし来年からは消費税も上がるし。。。

はじめはCR-VとおなじSUVで、いまバカ売れしているマツダCX-5ディーゼルを検討。
が、中に自転車積んだりすることを考えると、CR-Vのほうが数段使い勝手がよさそうに思えた。
CR-Vより車高も高いしミカン箱だけではルーフへの積載も大変そう。
また同じタイプのクルマは面白みがないなぁ。どうせほとんどさみしく一人乗りなんだし、チャリは大抵のクルマで屋根やら背面に積めるでしょ。
この時点でSUVやらミニバンは検討外となり、さみしい独り者にピッタリな小さめのギュンギュン走るクルマにしてみようと思いはじめる。

で、近頃街中でよくみかける86&BRZ。これは素直に格好イイ。
会社の先輩も購入してカスタムに勤しんでいる。
そもそも自分はあまりクルマが好きなわけではないので、カスタムやら走り性能やら云々はどうでもいい。
けれども単純にかっこいいのだ。
が、調べてみるとルーフキャリアも背面キャリアも取付不可。
まあ、この車にチャリ積んでる絵は似合わなさすぎる。
前後輪外しで車内に1台積みはなんとかなりそうだが、あまりにも使い勝手がわるい。
かなり後ろ髪ひかれたがここで検討外に。

その次に見に行ったのがホンダCRZ。
なんだかんだでセナが好きだった自分はホンダ党。
あまりに軽やミニバンにシフトしすぎたいまのホンダにあって唯一のスポーツ(チック)カー。
試乗もさせてもらった。
かなり低いシートポジションにモビルスーツチックな計器類。
正直好みだ。SUVからの乗り換えだと全く視線が変わってしまって疲れるけど。
走りも伸びる感じはしないが、トルクの太い印象。出だしは非常にラク。
ハイブリッドなので燃費もいい。
アイドリングストップはMT車ではすこし不安になる機能だった。特に右折待ちとか。
慣れたら大丈夫なんだろうけど。
致命的なのが後席に人は乗れない。いや、乗れるには乗れるんだけど大人が座れる空間ではない。
そこは割り切るべきクルマなんだろうけれど、あるのに乗れないというのはネガティブに感じてしまった。あと、なんとなくなんだけれど自分がホンダのスポーツ車(インテRとかS2000とか)にもっていた印象とちょっと違うんだよなぁ。良くも悪くもこれがいまのホンダ車なんだろう。全体的には非常に好印象だったけどね。

で、今回小さめのクルマを検討しだしたために本命になったのはMINI。
シティハンターが大好きな自分にとっては紅白ミニには一度は乗っておきたい。
キンチョーしながらBMWのディーラーさんへ。
格好イイ。いいんだけど全然ミニじゃないなぁ。
海坊主でも普通に座れちゃうよ。というのが現行ミニの印象。
いわゆる中間グレードのクーパーを見せてもらったのだが、ラゲッジが狭い。狭すぎる。
ルーフに自転車を積むのは全く問題なさそうだが、DHバイクも積むことを考えると絶対にフォークダウン式。が、このラゲッジでは前輪2本でいっぱいいっぱいになる。後席倒せばいいだけの話なんだけどね。かといって多少積載量の多いクラブマンのデザインにはあまりそそられない。
走りは「ゴーカートフィーリング」とのこと。ステアリングはキビキビしていて足まわりも固め。
エンジン音も素敵。
が、長距離乗るのは少し疲れてしまいそうな印象をもった。コンパクトカーにそんなこと求めるほうが間違っているのだろうけれど。
内装もオシャレすぎていてちょっと落ち着かない。
価格的なことも考えると期待していたほどの好印象はもてなかった。

ここらあたりで7割がたCRZに気持ちが傾いていたのだが、ふと京都の某先輩のブログでシトロエンが欲しいだとか乗りたいだとか書かれていたことを思い出す。
シトロエンDS3。これまで全くかかわることのなかった謎のフランス車。メーカー名すらいまいち知らなかったがWRCでは近ごろ連戦連勝らしい。
ネットで見てみるとなかなか格好いい。6MTモデルもある。
けど、どーでもいいのにターボは付いてるは燃料はハイオクだわで自分にとっては少々ネガティブな印象。
見た目は格好いいので、まあとりあえず見るだけ見ておくか。

というわけでNBSの山サイ帰りにディーラーさんへ行ってみた。
実車を見せてもらう。内装は非常によろしい。
ゴテゴテ感は全くなく、コンパクトカーには似つかわしくない上質感。
いわゆるフツーのナビがつかなかったりカップホルダーすらなかったりダッシュボードに車検証を拒むかのごとき仕切りがあったりで、使い勝手は少々疑問だがかなり気に入った。
ラゲッジはどういうわけだかそこそこ広い。ミニのクラブマンより広いんじゃないの?
真面目なドイツ人と違ってフランス人は遊びに行くことばっかり考えているそうだ。なのでフランス車は遊び道具をたくさん積めるようにコンパクトカーでもラゲッジは大きめに作っているとのこと。かといって後席にも十分人は乗れる。車検上もCRZやミニは4人乗りなのに対してDS3は5人乗り。実際そこまで乗っけて長距離ドライブはできなさそうだけど2ドアハッチバックとしてはあきらかに余裕がある。
試乗。エンジンのブロロンブロロン感が素晴らしい。
これはマフラーの効果なのかもしれないが、サウンドとうっすら伝わる鼓動感がとても心地よい。
エンジンはBMWと共同開発。つまりミニと同じエンジン。
今回試乗したSportShicのエンジンはミニでいうと上級グレードであるクーパーSと同じものらしい。AT設定はないけれどMTを検討しているのならこれだけでかなりお得感がある。
走り出しもスムーズ。MT車の運転から長年遠ざかっている自分の運転でもエンストしそうな感じは全くない。
足まわりは固めだがシートが非常に柔らかく座り心地抜群のためあまりゴツゴツした印象はもたなかった。ディーラーさんの周りを1キロほどぐるっと回っただけだったが。
乗り終えて
「これ、めっちゃエエやん」
見積もりも出してもらってそれなりに価格も(外車のわりには)お得感もあるものだったし、ガンダムカラー(ブルーアンフィニ)の限定車もまだ確保できるとのこと。

このあとアルファロメオのMITOも見に行くつもりだったが、もうDS3でイイやとまで思ってしまい次回多少の値引き交渉ができれば契約しようとまで決意してしまった。
(自分が赤MITOに乗ってたらリアル紅の豚だし・・・)
P1020215.jpg

というわけで、ほぼ衝動的にDS3に決定したわけであります( ゚Д゚)ゞ !!
・・・その後DS4にも試乗したり見積もり出してもらったりもしたんだけどね(・ω<)
Secret

TrackBackURL
→http://lh1690.blog38.fc2.com/tb.php/1004-946e9693
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。