上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.05.29 ライド2日目
MTB
2日目はトレイルライド。

ブラジリアン組はバイクパークでダウンヒル三昧を続けたいとのことで、ジャパニーズ組だけでウィスラー周辺のトレイルをガイドしてもらいました。
P1000709.jpg
相棒は日本から持ってきたVOODOO CANZO26

ウィスラーからわずか3分ほどでトレイルイン。
あまり高低差はないだろうとタカをくくっていましたが、テクニカルなシングルの上りが一杯。

久々の26インチはなかなかに難しい。
けれど、バイクコントロールの楽しさをひさしぶりに思いだしたかも。
それに、前夜雨だったにもかかわらず全くウェットな感じがしないカナダのトレイル。
ちょっとテクニカルなラダーもすごく楽しい☆

シングルトラックで小休止しているとかなりの確率でMTBerに会います。
ダウンヒルバイクでゴリゴリ上るエクストリームな人もいれば、のんびり走る妙齢の女性だけのグループも多かったです。
辻さんの話によるとママさんバレーならぬママさんライドが多いらしく、ひととおり家事が終わるとご近所さんや友達グループでトレイルライドを楽しむのだとか。スゲ━ヽ(゜Д゜)ノ━!!!!

カナダ独特の森の香りをゼーハーゼーハー楽しみながら走っていると、トレイル工事中!?
P1000702.jpg
トレイルビルダー(多分ご夫婦)がラダー制作中でした。
ウィスラー周辺はバイクパークをはじめとして、MTBを観光産業として自治体が意図的に支援をしています。
この日出会ったトレイルビルダーの方も自治体から委託されたプロの方のご様子。
また、ビルダーがつくったトレイルをメンテナンスする地元ライダーがやはり多くいて、定期的にトレイルメンテナンスの声掛けをすると、MTBerたちが大勢ボランティアで参加し、メンテ後はみんなで走ってBBQという風土が出来上がっているそうです。

P1000705.jpg
補給食にはIDOクンが成田の待ち時間に秋葉原から買ってきたメイド喫茶チョコ。
萌え萌え!?

午前のライドを終えてウィスラーに戻るとなんだか軽くお祭りな様子☆
P1000715.jpg
背の高いハクトウワシさんや
P1000716.jpg
カナダ萌え☆



午後からは未定でしたが、やっぱりライドすることに。
こんどは辻さんのピックアップトラックで、先日オープンしたばかりのトレイル。フル・ネルソンへ。
ここは構想10年以上、延べ人数は数え切れないほどのボランティアMTBerの手で完成した世界最先端トレイル。

王滝チックなダブトラを押すこと30分。
(ちなみにDHバイクの場合。トレイルバイクならキツいけれど乗っていけます。)

トレイルインした先には至る所に遊びがちりばめられています。
P1000736.jpg
サイコーです!!
P1000738.jpg
語りつくせないので、是非行ってみてください。
飛ばせば10分ほどで下りきれるトレイルですが、MTBで山を遊ぶ
「マウンテンバイキング」
のある意味究極かもしれません。

中毒的なほど異常に楽しいので平日にもかかわらず、多くのMTBerたちが。

P1000742.jpg
下りで僕らを抜いていった女性2人組(メッチャ可愛いい(・∀・)!!)は下りきってから、またおかわりするため上って行きました。
P1000741.jpg
ちょっと後ろを走っていた親子MTBer+犬。
親はクリートがもげ、子供は出口でクラッシュ!犬は走りっぱなしでゼーゼーハーハー(;゚∀゚)=3
しかし2人+1匹とも全員ハイテンション!!

帰路にもロックセクションを案内していただきました。
P1000750.jpg
IDOクンとディスコボーイが見事クリア☆

結局朝から晩まで乗り倒してヘトヘトになって2日目終了(ノ∀`)
... 続きを読む
スポンサーサイト
2012.05.28 初日追記
MTB
楽しすぎて(飲み過ぎて)、現地でのブログアップをサボっていました。

というわけで、日長い国から日出る国へ帰ってきました。

でも、初日の続き。
バイクパークをちょっと早めに切り上げて、辻さんの案内でクロマグ本社の見学へ。

今回のメンバーにクロマグオーナーはいないけれど、ほとんどのMTBerにとってクロマグは憧れのフレームメーカーのひとつではないでしょうか??

ちなみにクロマグ社は週4日の勤務とのこと。
金曜日はFridayRideと称して、みんなで朝ライドしてプロトタイプ車のテストをしたりするそうです。ライド後はBBQしながらテスト車やプロトタイプの改善点の検討だとか。
なんつーイイ職場(゜Д゜)!!



ちょっと大きなガレージくらいのクロマグ本社。

実際に溶接したりする工房は別の場所にあるそうです。同じような大きさらしいですが。
で、イアン社長のNEWバイク。

「ハッハーッ!!これが俺の新車!SAMURAIの650Bだぜ~!見ろよ、メチャメチャ格好いいだろ?今さっき完成したばかりなんだ!!」
ハリウッド風に和訳するとこんなカンジでちょっとテンション高め。

売れる商品を開発するっていうより、自分が乗りたいバイクを作ってるってのがよくわかりました。

そして塗装無しの状態とはいえ、重量は12.1キロ。

650Bのクロモリオールマウンテンバイクとしてはそこそこ軽いのではないでしょうか?

フレームのプロトタイプやクオリティの高いパーツなどじっくり見せてもらいました。
金属加工が専門のIDOクンはエンドの削り出しにしきりに感心。

もうすこしスキルアップして、SAMURAIで山サイすると楽しいだろうなぁ。
いつかは乗りたいバイクです。


ウィスラーに帰ると虹が♪(´ε` )
2012.05.24 ライド初日
MTB
ここは天国です。
MTBの。

飛んだり跳ねたりするのはほとんどやったことがないけれど、ウィスラーではデフォルトスタンダード。
P1000670.jpg

まだ半分しかオープンしてないけれど、いったい何本あんねん!?
ってなくらいコースレイアウトが豊富。

ボクはとりあえずSサイズのドロップオフで練習☆
P1000673.jpg

う~ん。ガチゴチ。
もうちょっと前見なきゃダメですな。
しかし、飛ぶっちゅうより自然に飛んでるカンジ。
一回勝手に空中浮遊しちゃって非常に怖い思いをしたけれど、コースレイアウトが絶妙で何事もなく着地。
そして、レンタルバイクのDEMOがこれまた最高に楽しく下れる。

ダウンヒルバイクはほぼ初めてでしたが、こんなに気持ちよく下れるモノだとはビックリ(゚д゚)!
クロカンバイクで富士見を下っていたのがバカバカしい。
また新しい遊びを覚えてしまった・・・。


飛ぶブラジリアン☆
P1000677.jpg
Williamはパーカーにジーンズでエクストリームなライディング!!


そして、飛んで上がるブラジリアン!!
P1000685.jpg

・・・ありえへん。
見てるだけで怖かったけれど、JAPAN代表のIDO氏も見事なジャンプでクリアされてました☆

初日から満腹気味(´∀`)
MTB
成田で8時間待ちしたりしながらも、ようやっとウィスラー到着!!

P1000wistler.jpg


まだ山には入っていませんがMTB天国です。
で、ちょっとだけコースの下見。

P1000657.jpg

XLサイズのドロップオフ((((;゚Д゚))))

P1000656.jpg

そして、みんなで作戦会議。
IDOクンとJONNYは余裕で行けそうなコメント。
あとは・・・怪我しないように頑張ります☆
2012.05.22 出発
MTB
今日からカナダ・ウィスラーへ行ってきます。
久しぶりの飛行機――(゚∀゚)――!!

P1000623.jpg

でも、成田で乗り継ぎ8時間待ち・・・(´Д`)
ビール飲みすぎちゃう。
MTB
ルイガノグリーンカップに行ってきました。

ふじおかさんと2人チームでTeam東京亭を組んで、初日の5時間耐久エンデューロレースに出場。

が、当日大寝坊!!
3時半に目覚ましをかけたはずが、目覚めると6時50分!!

大急ぎで機材やらウェア類をクルマにほりこんで、あわてて出発。
来週のために少々強引に仕事を前倒しして片付けていたから、若干疲れていたのは事実ですが・・・遊びで寝坊するとは我ながら情けない。


中央道をぶっとばして、会場入りはスタート10分後の9時10分に到着。
ふじおかさんにはじめの3周を頑張ってもらい、以降3周交代で走ることに。

コースはダラダラ下って、ダラダラ上るかなりイージーなレイアウト。
所々で南アルプスが綺麗に見えて気持ちいい。
テクニカルセクション(?)は一か所あるにはあったが、いつ行っても大渋滞であまりレースには関係なかったかも。

フロントは全てセンター固定で行けるレイアウトでした。
走りながらソロで出場中のYUKOさんに指摘され、4周目以降はガチャピンジャージで出撃。
するとギャラリーの子供たちから、コース各所でえらい声援を受けることに。
上りで口から心臓が出そうなほど苦しくても笑顔を絶やさずに・・・これはこれでよかったかも。

交代のたびに回復系アミノ酸入りノンアルコールビールを一気飲み。
しかし、なんだかんだでふじおかさんが速いので回復する前にすぐに交代。
やっぱり3人くらいがちょうどいいなぁ。

結局、2名チームは出走26チーム中10位。
遅刻はするわ、交代のたんびにお互い後ろ向きだったわりには、まあまあのリザルトです。
身内の3名チームのW屋シャカリキは41チーム中7位!!

IDOクンはソロで5位!!スゲ!!
ソロで走ってるのに抜かれまくったもんな~。

YUKOさんはご夫婦チームではなく、ソロ女子で3位表彰!!
デュアルスラロームのGa9さんは見事優勝!!


その後はオートキャンプサイトでBBQやりながらガブ飲みしていると、9時くらいに全員意識不明に・・・。
というわけで、参加費激安(実質ガムテープ代)でかなり楽しめる大会でした。
しかし、来年は3人チームがいいなぁ。
MTB
自転車箱詰め作業。



とりあえずハンドルとペダルとエンドを外したら何とか入った。
あとは緩衝材として、スキマにウェア類を詰め込むか。
2012.05.13 朝マウンテン
MTB
今日もいつもの峠をヘコヘコ上る。
マウンテンで。

P1000612.jpg

さすがに昨日の今日だと距離感がつかめてるからスゴく楽に感じるなぁ。

ロング林道をタラタラ漕いでトレイルイン!!
P1000613.jpg

超ドライで路面も締まって、サイコーのコンディション――(゚∀゚)――!!
山中で出会ったMTB歴15年のベテランライダーさんと一緒に下らせてもらいました。
やっぱり上手い人のラインを見ると自分も上手になった気がして楽しい☆
すぐに引き離されちゃうけど、流れるようなキレイなライディングを堪能させてもらいました。

自分のライディングの是正点もなんとなく感じながら、あっという間に下りきって終了☆

温泉に入って、カミハギサイクルさんでカナダ用チャリンコ段ボールをもらって帰宅。
さて、そろそろ荷造りもはじめなきゃ・・・(´Д`)
2012.05.12 朝ロード
久しぶりにロードでニノセタド往復。

ニノセの上りはいつもどおりだが、往路の風がえげつなくきつかった。

タドでは久しぶりに神様に人参をおごってあげた。


カラス農園は、朝はめずらしく少なかったのだが、帰路の昼に通るとあいかわらずのカラス大盛況。




で、このコースで気になっているいなべ市の波羅神社。

元々このあたりは伊勢平氏の蟠踞していたであろう地。
そして平氏が京で本拠としたのが六波羅。
なにか関係があるのではないかと妄想してしまう。

走行95.6キロ
2012.05.11 遊びモード
MTB
とれとれが終わって、次はウィスラーだっ!!
なんだかまったく脳みそがお仕事モードになりません。


こんな妄想ばっかり(´・ω・`)
↓↓↓



しかしカナダの前にルイガノカップ。
チーム東京亭としては、キャンプでぐてんぐてんに酔っ払うのが主な目的だけれど5耐もあるんだよね('A`)
パートナーにご迷惑をお掛けすることのないよう、今週末ちっとは練習しよう。
MTB
秋葉街道は諏訪より南下し、飯田より参州街道とわかれ、遠江へ続く道である。
古くは諏訪へ遠江よりの塩を運ぶ道であり、諏訪を支配し高遠氏を調略した信玄は杖突峠を越えて南信州の攻略をすすめ、西上作戦にもこの道を重要な兵站としていた。
また国の広さと比して米の取れ高の少ない信濃においては、軍事活動をつづける信玄の兵站を支える一大穀倉地帯であった。高遠城の規模や威容をみてもいかに信玄が伊奈谷一帯を重要視していたかがわかる。

江戸期にはいると、秋葉信仰や善光寺詣に多くの人がこの街道を往来した。
天竜川はその流れをもって急峻な断崖をうみ、田切という非常に高低差のある地形をつくりだしている。街道はそれらをさけるように湾曲している。
支流は狭い谷を多く形成し、灌漑技術をもたない中世以前の日本人には非常に稲作に適した地であったといえる。人が住む谷と谷は山々が天険となって分たれている。
それらの谷々を細い峠が結んでいくように街道はつづいていく。

fc2blog_20120509202942e3e.jpg

ごたくはさておき今年のGWは4泊5日で諏訪湖から浜名湖まで走る、とれとればいくレイド・オブシディアンに出てきました。
もちろん街道だけを走るのではなく、そこら中の山に入って極上のトレイルを地図に助けられたり騙されたりし、散々迷子になりながら毎日毎日苦し楽しく走りました。

詳細レポを書きたいのですが、あまりに長くなりそうなのでそのうちに書きます。
とりあえず走行距離は300キロ超。獲得標高はエベレスト以上でした。
聞きしに勝る変態レースでしたが、ヒルクライムもトレイルライドも地図読みも迷子も泊まりも含めて無茶苦茶楽しかったです。

来年もシリーズ戦を含めて、なんとか都合をつけて出たいですね☆
あ、そのまえに今回ELで走れなかったトレイルも走りたい!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。