上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.29 GC
MTB
カミハギさんに物資が届いたので、仕事後いそいそと受け取りに。
オイルフルードをゲットしてようやくリアブレーキのブリーディングがでけた。
AVIDらしいガッチリしたタッチが復活☆

ついでにタイヤも交換してみた。

P1000331.jpg

Specialized S-Works Ground Control 29×2.1

29はこれまでFイグナイター・Rクロスマークばかりだったが、はたしてどうだろうか?
軽量タイヤなのでサイドが少々不安だが、グリップは強そう。
触ってみるとノブがかなり柔らかいので、持ちはイマイチかもしれない。
しばらくこいつで遊んでみます。
気に入ればチューブレス化かな。

もうひとつ、英国からの物資の本格始動はまた今度。
P1000332.jpg

土曜は飲みだけど、日曜に8トレには行けるかな?
スポンサーサイト
MTB
レイド オブシディアンにエントリーしました(`・ω・´)

時間もお金もかかるので躊躇していましたが、お金はないけれど時間はそれなりにある独身平民なので思い切りました。

諏訪湖から天竜川沿いの伊那谷を抜け、浜名湖まで南下する4泊5日のMTBラリー。
走行距離は一日70~80キロほどになるのかな?
まあそもそもトレイルライドでの距離は負荷の目安には全然ならないし、担ぎあり、地図読みあり、迷子あり(?)の毎日盛り沢山な内容らしいので、距離以上にかなり過酷なんだろうな・・・('A`)

なにはともあれ、前泊を含めると5月2日~6日まで山中彷徨しつづけるトレイル三昧なGWになりそうです。
ウィスラー直前なのでケガだけはしないように楽しみます☆


【参考】
tasano先生の富士山一週ラリーレポート
http://www.kaepon.com/tomscraft/mtblife/report/02FujiyamaRally/
MTB
とれとればいく忍者の里に参加してきました。
とれとればいくとは、トレイル・トレース・バイキングの略で、2万5千分の1地形図を見ながら指定されたトレイルを辿っていくMTBラリーレイドです。
去年はじめて出場したつるつるラリーではふじおかさんに助けられながらなんとか完走しましたが、今回は全く未知のトレイル。果たして完走できるのか(前夜にがぶがぶワイン飲んでたし。)、少々不安でしたが出走40名中なんとか16位で完走することができました☆

P1000319.jpg


以下、長いですがレースレポ。
↓↓↓
... 続きを読む
2012.03.14 三河の鷹
今日は休日出勤の振替休日。
菜の花が見たくなったので、ロードで渥美半島に行くことにした。

出発して1号線をプリプリ走っていたが、あまりの車の多さと走りにくさに辟易してしまい新安城の手前で北上した。
朝マックしながらルート再検証。
で、豊田を抜けて松平郷を通り抜け、山の中を走って再び1号線に合流することにした。

豊田松平インターを過ぎると、突然田舎道に。
6キロほどタラタラのぼると徳川氏発祥の地。松平郷へ辿り着く。
鶯がうるさいほどによく鳴いていた。
P1000278.jpg
徳川氏発祥の地だけあって、東照大権現を祀る松平東照宮が駿府の久能山より勧請されて鎮座している。
少し上ると松平氏の菩提寺である高月院があり、こちらの本堂と山門は東照宮とあわせて、死ぬまで家康と三河武士団に憧れ続けた三代将軍家光の寄進によるものである。

P1000276.jpg
東照宮の向かいには、松平氏初代である松平親氏の像があった。
親氏は中世に流行った聖であったといわれる。
聖といっても、当時の語感では乞食や浮浪者などとあまりかわらないものであったらしい。
その親氏がどういうわけか松平郷の有力者の入り婿となり、地方豪族となっていく。
まあ、親氏から数代は武士というよりも名主のようなものであったのだと思う。

という、親氏の素性を考えるとこの銅像は妙に男前ではあるが、風体はなかなかよくできている。

松平郷と安祥城・岡崎城の関係が、岐阜の大正の森の明智と可児の明智長山城に似ているような気がするのは気のせいだろうか?

松平郷から先は徐々に上ってはいくが、細い谷にせせこましく田畑がついている風景がひたすら続く。
いかにも日本人が細々と暮らしていた狭隘な谷間だ。
P1000281.jpg

そして、額田方面へ南下。
細い林道を走っていると、すぐ横の崖下から突然鷹が飛び立った。
無茶苦茶ビックリ。
よく見るトンビとかの倍以上はあるんじゃないだろうか。

谷間谷間に集落があり、3山ほど越えてようやく1号線へと下り出した。
1号線本宿に出たところでちょうど走行距離100キロほど。
さらに東行して豊橋へ。
ちょっと道に迷うも田原街道を今度は西へ進み、老津から半島を縦断して42号線へ。
激アゲインストの風の中、さらに進むと菜の花畑がちらほらあらわれてきた。
P1000285.jpg
だいたいこの辺りで140キロほど。
これを見るためにどんだけ遠回りしてきたんだ・・・。

P1000298.jpg
個人的に桜より菜の花を見ると春の気分になる。

菜の花祭りに立ち寄ったりしてダラダラしたあと、最後の力を振り絞って伊良湖岬まで。
最後のプチ激上りは心が折れそうになってしまった。
P1000306.jpg
激上りの後にはキレイな景色。

で、渥美半島先端の伊良湖岬から知多半島先端の師崎港までフェリー輪行。
P1000308.jpg
なかなか快適な船内。
チョコレートをぱくぱく食べてだらけていると、走る気力がほぼゼロになってしまった。

師崎港から河和まで11キロほど走り、輪行して帰宅。
総走行距離は182.9キロ。
思いつきのやりたいことを詰め込みすぎた。過ぎたるは猶及ばざるが如しだ。
だいたい史跡や城跡にいくのにロードシューズは非常に不便。
伊吹山HCが終わったら、ロードのペダルもSPDにしちゃおうかな?
2012.03.12 まっく
P1000261.jpg

7年ほど使い続けてきたGATEWAYの挙動が少々おかしくなってきた。
起ち上げ時間が無茶苦茶長かったり、文字を打っているだけで突然考え込んだり・・・。
たいしたデータは入っていないが、ええ加減買い替え時なのだろうと新規PCを物色した。

検討したのは、
「持ち運びができるPC」
現状の使い方だとほとんどネット閲覧とブログ更新くらい。
はっきりいってipadでも十分なのだが、GX1を買ったのでそこそこ写真データも入ってくれなければいけない。

最終的に検討したのは、HPのdm1-4100とMacbookAir。
プロセッサ以外のマシンスペックとしてはdm-4100のほうが上。
が、windowsは仕事で散々使っているし、家に帰ってからも見るのはなんだかなぁ。。。
(いまでもレイアウトとか表示を会社PCと全然違うようにしていますが。)

対してMacはいままで一度もMacOSを使ったことがないのがちょっと不安。しかしデザインも格好いいし、なによりボディがアルミ削り出し。
MTBerはアルミ削り出しという単語に弱いのです。
というわけで、ほぼ即決。

P1000260.jpg

もちろんこれから大量の写真データをぶち込んでいく予定なので、1TBの外付けHDDもセットで購入。
外付けHDDがあったので設定には手こずりましたが、データの移行は楽チン☆

はじめは操作に慣れなかったけれど、ちょっといじるとすぐに慣れました。
あと、写真管理にiphotoはかなり秀逸なソフトです。

なかなか快適なので自分用PCはしばらくwindowsにもどれないかも。
MTB
東海地方の草レースといえば、ゴールドカップ。
復帰第一戦にはちょうどいいイベントかな?と思って2時間耐久ソロクラスにエントリーしました。

本当にココで大丈夫なのか?
と、不安になるようなダブトラを車で上りきってレース会場へ。
昼からスタートなのでのんびりしていたら、試走時間がギリギリになってしまい、なんとか一周試走。
う~ん。ドロドロの予感。

P1000263.jpg

「やる気のある人から前に並んでいってね~。」
のアナウンス。超適当。
残念ながらそれほどやる気にはなっていないので招待選手よりさらに最後尾。本当にドベからスタート。

で、スタート。
いきなりシングル入り口で大渋滞。
あまり山で走り慣れていない人にこの泥根っこ上りは少々厳しい。
せめて真ん中くらいでスタートしとけばよかった・・・。

泥は思ったほどひどくない。グリップも十分するし走るたびに乾いてきている。
ちょうどシングル区間を下りだすと折り返してきた先頭集団をちらっとみたが、なんだか関東でよく見る超人たちが結構多いぞ・・・。

3周目くらいまでは快調に飛ばせていたが、徐々に腰痛が・・・。
その後は慣らしペース。
抜ける人は抜く。抜こうとしてくる人とは基本的に張り合わない。平和主義。

走りながらS田パパに応援してもらった。アキラ君も出ているみたいだ。
知ってる人に応援してもらえると本当に心強い。

2回ほど給水と補給でストップ。ちょっとダラケル。
が、最終周回だけちょっとガンバル。
ゴールスプリントで後ろから気配が!!
さすがにここで抜かれたくない!!
が、ゴール1M手前でかわされた・・・マシュンでした。
そらかなわんわ。

てなわけで、多分ソロ出走55人くらい中30位ほど。
復帰第一戦で今日のコンディション(二日酔い)とモチベーションを考えると上出来かな?

P1000265.jpg

ゴール後K住さん夫妻にお声がけいただく。
K住さんはチームで出ていたそうだ。応援してもらってたのに気づかなくてゴメンナサイです。

さあ、来週はとれとれだ。
マップホルダー作らなきゃ。
2012.03.09 林檎と苺
次期主力機は。

林檎。

かめやまさん(仮)には。

苺をおみやげに。


ウマー!!
2012.03.09 努力目標
MTB
さて、リハビリ通いも3か月超。
お医者さんの許可(?)もでたので、上半身の筋トレをしながらボチボチ山で転んでいきます☆

・まずはトレイルの下りで徐々にスピードを上げていく。
・逆に脱臼することで骨折なり靱帯損傷を防いでいたわけなので、大きな怪我をしないために肩甲骨周りのストレッチをしっかりと行う。
・左の上腕筋・広背筋・僧帽筋がかなり弱っているので、上体の力を抜くことを意識する。
・ハンドル重心を少しでもペダル重心にもっていく。
・テクニカルセクションも行けそうなものは、前転・滑落しない程度にチャレンジする。
・コーナーはリーンアウトして、しっかりバイクを倒す。
・ええ加減スタンディングをちゃんと練習する。
・トレイルに入ったら面倒くさがらずに、ちゃんと空気圧を下げる。
・ひとりでチューブレスタイヤのビードを上げられるようになる。

detailed_86207_960_108247_54517_132299762_5728c2ad81a1d2c9e08f3fee63ed4b6d_t.jpg

ウィスラーまでの努力目標はこんなトコロですか。
言葉で書くと簡単そうだけど、なかなか難しいんだよね~。
あと、伊吹山HCがあるので

・ちょっとは痩せる。
・お酒はひかえ目に(でもウィスラーでカナディアンBEERはたらふく飲む。)。

ってのも一応。

しかし今となってはなんでHCなんかに申し込んだのか、エントリー時の自分の精神状態が理解できない。

「舗装路を延々と上るだけ。ゴール後は舗装路を下って終わり。」
ドMにもほどがある。
ガレガレを延々と走り続けるだけの王滝もドM具合は似たようなもんだけど・・・。

多分、固定装具が外れて嬉しくなって、うかれて目にとまったサイクルイベントに反射的にエントリーしただけなんだろうなぁ・・・。
まあ、エントリー費も払ったことだしホドホドに頑張ろう(`・ω・´)

top_main_img1.jpg
2012.03.07 うすくち
今夜は親子丼の新レシピをお試し。旨過ぎて一瞬で食い切ってしまった。ダシの量を気持ち少なくして、薄口醤油を使うほうが断然イケることが判明した。

が、手放せない八幡屋の七味を使い切ってしまった。
買いに行かなきゃ・・・長野まで?
2012.03.03 N岳ライド
MTB
京都DEATHライドが終わって一週間。
普通の山では少々物足りなくなってしまった・・・(´・ω・`)

というわけで、IDO君と2人で東海エリアのビックマウンテンへ。
アプローチの舗装も担ぎもクソ長いけれど、かなりロングに下れるトレイル!!

P3030031.jpg

上りはウェットでズルズルだったので、ほぼ担ぎ。
下りはさほどウェットではなく、意外と快適に下れた。

標高1000M超なので雪が心配だったけれど、ほとんど解けていました。

P3030032.jpg

山頂でコーヒー&おやつタイム☆
コスタリカのエルアリボリード・サンタルシア農園の豆で淹れたコーヒーを家から持参。
実は以前から持ってはいたのだが、THERMOSの保温ボトルをはじめて使用した。

4時間近く前に淹れたコーヒーなので、どーせぬるくなってるんだろうと思いながら飲むと・・・熱っ!!
スゴイ保温能力。
ちょっと見くびってました。もっと真冬に活用しとけばよかった・・・。

おまけトレイルを探索しながら下りきって、温泉にザブン。
で、走行41キロ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。