上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.11.29 ようやっと

固定装具が外れました。
寝るときはつけるようにいわれてますが。

しかし全然肩が動かない。
無理矢理動かすとアイタタタ。
これから徐々にリハビリ開始です。
スポンサーサイト
今日はチャリイベント目白押しやったけど出れるわけがないので、名古屋港水族館に行ってきた。

PB271178.jpg
イルカショーを見つめるバンドウイルカズ。
演劇班と鑑賞班は違うようだ。

深海や南極コーナーが充実していた。
あと、イルカやクジラの学術的な紹介も。
PB271193.jpg
ダイオウグソクムシ。
ダンゴムシのラスボス級。30センチ以上か。家で出るとトラウマになるレベル。
ちなみに深海にしかいません。

PB271197.jpg
アカウミガメの幼体。
うちのかめやまさん(仮)と同い年。
大きさは15倍くらいか。しかし顔は幼いね。

日本の海コーナーはちょっと残念だったかな~?
あきらかに病気の子もみかけちゃったし。
PB271208.jpg
帰路に大須観音によって、肩の快癒を祈念。


2011.11.23 べんぴ
かめやまさん(仮)が近ごろ便秘気味。
毎朝温浴してるけれど、20分以上ウンチしないこともしばしば。

入院してからずーっと小松菜ばっかりあげてるからかな??
栄養価だけでなく繊維質豊富なエサもあげなきゃ。


しかし、まだまだ山には行けないし、時期的に野草採集は厳しい。
たまにキャベツで繊維質補給だな。
2011.11.20 龍の城
今日は天気が回復したので、岡崎城へ行ってきた。

PB201165.jpg

東照大権現。徳川家康の誕生した城としてあまりにも有名な城。
別名龍城。

規模はあまり大きくなく、例によって天守閣も櫓も昭和期に再建されたものだがこの城は地勢がそのまま残っている。
まずは西方に矢作川。
そして外堀の代わりを成す西側の伊賀川と南側の乙川が城のすぐ南西で合流し、天然の要害となっている。
西方より敵勢力が押し出してくるとすれば、非常に堅固な地勢であるといえる。
事実、この城を居城とした松平清康は三河統一後は西方の織田信秀を敵として争っていた。

こういった天然の河川を利用した城は信州の松代城、上田城など多くあるが、ほとんどの場合が河川の流れが変わっていて、なかなか往時を思い起こしにくいものが多い。



家康時代にはもちろん天守閣はない。
岡崎城は豊臣時代に田中吉政が城下を含めた惣構えを整備したといわれる。
その後、関が原以降に入城した本多氏により天守閣が築かれた。
が、明治期の廃藩置県により破却。
しかし、天守の石垣は往時のものといわれている。
PB201168.jpg
野面積。
とまではいいきれないが、参州の城らしい無骨な石垣だ。

すぐ隣の名古屋に暮していると非常に山が遠く感じるが、岡崎城からみるとすぐ東方に山が迫ってきている。
岡崎より東方の狭隘な東三河が、三河魂発祥の本質のように感じた。

大樹寺や小豆坂などまだまだ周ってみたかったが、電車と徒歩ではタイムオーバー。
肩が癒えたらチャリで来よう。


神君の訓言を大きなかめやまさんが背負っておられた。
PB201167.jpg
「人の生は重き荷を背負い遠き道を行くが如し~」


「一朶の白い雲が輝いているとすれば~」
とあわせて、山サイでチャリ担いでるといつでもこれを心のなかでつぶやいているような気がする。
2011.11.19 Project W
MTB
昨日抜糸完了☆
再来週から装具外してリハビリ開始です。


まだまだチャリ復活は遠いけれど、来夏ウィスラー行くかも!!
ちゃんと乗れる体を作って、都合さえつけば行く!(゚∀゚)!

15年前?大学生のころにウィンターシーズンに一度行ったことがあります。
1週間フルに滑って、ようやく全てのゲレンデをひととおり滑れるほどの広大さでした。
あれをMTBで走れると思うと・・・(;゚д゚)ゴクリ…
てか、あまりに広すぎて後半はボードがしんどくなってスキーで滑ってた記憶が・・・。


From the Inside Out Trailer from SecondBase Films on Vimeo.


From The Inside Out - First Look from SecondBase Films on Vimeo.


・・・これは無理にしても、やっぱりDHバイクがあったほうが楽しめるかな?

9909.jpg

Statusって安いのね。
いや、決して安いわけでないけど、DHバイクとしてわって意味で。


まあ、なんにせよ行く気満々よ━m9( ゚∀゚)━!!
はよ肩なおれ!!
2011.11.17 外食生活
片手で自炊が辛いので、酒も飲めないのに夕飯は外食生活。

今日は菱信ビル地下のMa Maisonでささやかに晩餐。



オムライス。
サラダと名古屋定番赤だしセットで880円。

チキンライスはケチャップが少し濃く感じたけれど、デミグラスソースは自分好み。
卵の火加減はさすがプロの技。
このふんわり具合は家では出せないな~。
2011.11.13 どうぶつえん
肩が不自由とはいえ、引きこもってると無為に時間を過ごしてしまいそうなのでフラフラ外出した。
行き先は東山動物園。

PB131102.jpg
秋晴れです。
全然知らなかったけど、今日は無料開放日ですごい人出。
でも、動物たちはマイペース。

ここの動物園は夜行性動物・爬虫類・両生類コーナーがなかなか充実している。
PB131113.jpg
グリーンイグアナさん。
動かざること山の如し。

PB131110.jpg
トカゲ「呼んだ?」

PB131119.jpg
サイイグアナ。
こいつはイグアナのくせに妙に堂々としている。
慣れだろうか?

PB131114.jpg
ミドリニシキヘビさん格納モード。

PB131111.jpg
ヨウスコウワニ・・・・・ブッ細工やなぁ。歯並びは重要やね。

PB131124.jpg
玄関にはお馴染み(自分にとっては)アルダブラゾウガメたち。
ここの若い固体はなかなかサービス精神旺盛な子が多い。
ウチのかめやまさんにも見習ってもらいたいものだ。


先日食したシリーズ。
PB131128.jpg
ドジョウくん。
唐揚げには不向きなサイズ。柳川鍋向き。

PB131130.jpg
ナマズ「ぼくMサイズだよ。」
(蒲焼のサイズ。ちなみにMで2,500円ほど。)


外に出て。
PB131138.jpg
クロサイさん。
想像以上のデカさ。ジムニーくらいなら簡単にひっくり返しそうだ。

PB131140.jpg
ギリシャ人かと思ったらカンガルーだった。
寝てるかちょっかい出してるか。

PB131143.jpg
こんなおじいちゃんいてるよね。

PB131144.jpg
コアラ「あっかんべー」

PB131154.jpg
シマウマ「南無・・・。」
無の境地に達しているのだろうか。ピクリとも動かない。

PB131155.jpg
ツキノワグマ。
MTBやってると、ある日も森の中でもお会いしたくない動物ナンバー1。
「正直デカイ犬程度でしょ?」
って思ってたけど、立ち上がるとなかなか凄いね。
やっぱり山サイに熊鈴は必須です。

ちなみにヒグマもいましたが別格です。
デカさと威圧感が凄まじい。群れずにソロで番はってるだけあって、ある意味トラやライオン以上。
山で出会っちゃうと絶対殺られる。



まあ、そんなこんなでめちゃくちゃ楽しかった。東山動物園。
また行こう。
2011.11.13 手術雑感
無事に手術終了して退院しています。

以下無用の事ながら、備忘録。

手術名は反復性肩間接脱臼手術。
そのまんまですな。

肩関節は非常に不安定で脱臼しないために肩の骨に間接唇という組織がくっついています。
私の左肩のそれは上半分がはがれている状態だったので、関節鏡をつかって骨にくっつける手術をしてもらいました。

そういえばはじめて脱臼したときはタックルに入ったところをきられて、「バリバリッ!」っていったのをはっきり覚えています。
それが間接唇がはがれた音だったんでしょう。大学2回生だったから19歳のころかな?

まあ、そんなこんなで手術。
全身麻酔です。
「今から麻酔流しますよ~。」
一瞬でおちる。

次の瞬間は先生にほっぺた叩かれて目覚めました。
まったく気持ち悪くないけど、すさまじく重い二日酔いみたい。

肩・腕は完全に固定。
麻酔が覚めてくると肩の中が痛い。
そら6ヶ所も肩の骨に間接唇を縫い付けているわけで。
手術当日は鈍痛でほとんど眠れず。

入院中は毎日注射だらけ。
肩の鈍痛は2日経てば大分ましになりました。
で、簡単なリハビリも教わって術後3日にはれて退院。

今後は18日に抜糸。29日に固定装具を外して本格的にリハビリ予定です。
ちなみに仕事は明日から・・・片手でどこまでできるか・・・?


まあ、予定としては来年2月には山に行けるようになりたいですね。
3月にFSCXがあればそれにも出たいかも。

あと、完全に治れば今までやりたかったけれどセーブしていた、スイム(というかクロール)とフリークライミングにも手を出してみたいな~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。