上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.08.20 キナバル登山
キナバル登山のことくらいは備忘録として。
2014・08・12-13

キナバル山に登るには兎に角山小屋・ガイドを抑えなければならない。ガイドなしやテント泊などは認められていないのだ。
また予約システムが外国人には煩雑なうえに長期にわたるシステム更新中(5月時点)とのことでおとなしく旅行代理店にお願いすることにした。

現地の旅行代理店を教えてもらったりしていろいろと見ていたが、結局日本の旅行代理店(NCT)で手配した。
かなり登山やトレッキングに特化した旅行会社だったこともあるし、現地の代理店とネットで見比べてみても値段がほとんど変わらなかった。
ただ、結果的にコタキナバルに着いてからホテル近くの小さな旅行会社に聞いてみたところ、3分の2~半額くらいの値段だった。これは直前の叩き売りかと思う。登れても登れなくてもいいやという感覚ならこれで手配するのが一番安くあがる。が、これだとせっかく装備まで持って行って登山できない可能性も大いにある。

で、登山当日。
朝食のバイキングには早すぎるのでフロントには事前にお弁当を頼んでおいた。
朝、取りに行くとなぜかお弁当を2つ渡される。なぜ2つも渡されたのかわからないが部屋で1個だけ食べて出発。
6時45分にホテルのロビーでピックアップ。
現地催行会社のワゴン車には男女3人組の大学を卒業したばかりとのことの若いバックパッカーとシニア世代の山好きなご夫婦の2組。単独行の私を含めて3組すべて日本人のグループだった。

キナバル公園までは約2時間。そこから各パーティーにガイドが付く。
IMGP3281.jpg
私のガイドはエドウェン(EDWIN)という青年だった。
ガイドといっても見た目はTシャツ・半パン・スニーカーといった遠足の小学生みたいな格好だが年齢は33歳。ガイド歴も10年で週に2~3回はキナバル山に登っているタフガイだ。英語も堪能で安心。エドウェンから登山者IDとランチボックスを受け取る。
IMGP3289.jpg


キナバル公園からTINPONゲートの登山口まではまたワゴン車で移動する。
登山ゲートで標高約1860m。ここから3280mのラバンラタ小屋までが1日目の行程となる。
IMGP3290.jpg

登りだしが結局9時半くらいで他のパーティーにくらべるとすこし遅いかとも思っていたが、トレイルにはいると結構な人がいた。
ゲートから少し歩くと滝があった。平坦な道はここまでで、ここからはひたすらに登る。
IMGP3293.jpg

はじめは人が多くてけっこう渋滞していたが、無理に追い抜いたりはせずにエドウェンとおしゃべりしながらたらたら登る。
IMGP3296.jpg

日本人のグループも同じ催行会社で一緒だった2組以外にもあと4組くらいはいたかと思う。途中、標高2200mくらいまで横浜から来ていた山ガール4人組の方と一緒に登っていたがちょっと足が合わなかったので先行させてもらう。
キナバル山でどこかしらかにモンベル製品を身につけていたら日本人だと思っていいかもしれない。自分もズボンはモンベルだ。
このあたりで渋滞はほぼなくなる。

登っている途中でエドウェンが左側の細い獣道みたいなのに入れという。近道かと思ったら別のガイドが先にいてさらにその先の崖を登れと指示してきた。正直ありがた迷惑に思いながらドロドロになって崖をよじのぼるとウツボカズラの群生がみられた。そういうことだったのか。
IMGP3307.jpg

ちょこちょこと休憩をはさみながら登るが、単独行なので休憩が短めになってしまう。
順調に登っていたが3キロ地点・標高2500mを越えたあたりから急にしんどくなってくる。空気が薄いこともあるが補給が少しおろそかになっていたようだ。休み休み歩きながらスタッフ小屋までなんとかたどり着いた。
ちょっとへたり込んでしまう。
と、少しぐずつき気味だった天気が急変していきなり凄まじい雨に。屋根のある場所に入った途端だったので運が良かった。
雨が小降りになるのを待ちながらランチボックスを開ける。中身はサンドイッチとリンゴとゆで卵2個。そしてなぜか手羽先の唐揚げ。
どうしても手羽先の唐揚げだけはヘトヘトの状態で食べる気になれず残してしまった。また、山でゴミを捨てることは一般的には禁忌だがキナバルには各休憩所に網付きのゴミ箱が設置されていてランチボックスの空き箱やペットボトルなどを捨てることができる。
あと、こういった休憩のときにエドウェンは絶対に自分とおなじ休憩所の東屋などには入ってこない。小屋の軒先などで他のガイドとしゃべったりしている。そうしながらも常に自分の行動に注意している。奥ゆかしいというかプロ意識というか。

雨が少し小降りになったので、雨具とザックカバーを装着して再び登りだす。やはり苦しいが2700mを越えたあたりから体が慣れてきたようでまたサクサクと登りだすことができた。

階段の手すりや路面もきれいにされてはいるが、けっこうな急こう配が延々と続く。キナバル山は登山レベルとして富士山と比べられることが多いらしいが、ガイドや山小屋などのセーフティーネットが充実しているとはいえ、ガレガレや滑りやすいところやロープ場もあり、体力的には同程度かもしれないが技術的には夏の富士山より間違いなく難易度が高いと思う。

3000mを越えて雨は霧雨程度となる。このあたりから同じく単独行の上海から来たという中国人青年と一緒に登る。コタキナバルではどうやら同じホテルだったようだ。彼は仕事で日本にも半年ほど来ていて府中に住んでいたそうだ。私が町田に住んでいた時期だ。それにしても流暢な英語を話す。自分の下手くそな英語が恥ずかしい。

そうこうしているとワラサ小屋が突然現れすぐにラバンラタ小屋に到着した。だいたい13時半くらいだったかと思う。
IMG_7894.jpg

なかはちょっとしたホテルだ。キッチンも充実している。日本の山小屋とは比べ物にならないほどキレイだ。
IMGP3320.jpg

IMGP3315.jpg

IMGP3316.jpg

エドウェンに教えてもらいながらチェックインを済ませる。旅行会社からは上のグンティンラガタン小屋の宿泊になると聞いていたが、結局下のワラサ小屋だった。ラバンラタ小屋からの距離を考えると少しだけラッキー。

そのまま即ビールを飲みたかったが、雨中の登山だったので全身ビショビショ。いったんワラサ小屋に入って着替えてくることにした。
エドウェンとはここで明日午前2時半の出発予定ということを打ち合わせして別れた。
小屋は暖房はないものの2段ベッドが3つある6人部屋。
すべて着替えてからふたたびラバンラタ小屋にいそいそと向かいビールを購入。へとへとだったのでとてつもなく美味い。
IMGP3330.jpg

結局16時の夕食までに日本から持ってきた辛イーカをぼりぼり食いながら缶ビールを4本空けてしまった。標高3280mで。

食事はバイキング形式。ミーゴレンやサバベジ・ナシゴレンなどのマレーシア料理がメイン。美味い。いくらでも食べられる。だが、さすがに標高3280mでの炊飯なのでお米は芯が残ってていまいちだった。
IMGP3331.jpg

IMGP3337.jpg

結局相部屋は同じツアー会社のバックパッカー3人組だった。マウンテンバイクやダイビングの話などをして7時半くらいには就寝。
22時くらいに眩しくて目が覚める。前日がスーパームーンだったこともあって窓から入ってくる月光が異様に明るい。
目が覚めたついでにトイレに行ったのだが、とてつもなく月が明かるいのに星もすごい数が見える。三脚を持ってこなかったことを悔やむ。

1時45分起床。小屋から山頂まではピストンなので不要な荷物は置いていく。BDのSPEED30がガバガバでちょっと情けない。
想像していたよりも寒くはない。そしてヘッドライトがいらないほど月が明るい。天気はばっちりだ。ラバンラタ小屋で持ってきたチキンラーメンと謎のお粥っぽい朝食を食べる。お粥はあまり美味しくなかったが、なんだかんだで標高差800m以上登らなければいけないので無理矢理食べる。チキンラーメンはあいかわらず美味い。

エドウェンとも無事に合流。ニット帽もかぶって完全防備だ。
IMG_7895.jpg

2時45分出発。全員ほぼ同じような時刻に出発するので登山道は大渋滞。
寝起きで心拍も上がりきっていない状態なので、休み休み登れてちょうどよかった。
初めのロープ場にたどり着く。ちゃんと3点支持しながら登ればロープがいるほどの岩場ではないのだが、前日の雨が乾いておらず滑る可能性もあるのでいちおうロープを伝いながら登る。
標高3500mくらいだろうか。このあたりでようやく森林限界を越えたらしく岩場だらけとなる。最後の小屋で通過チェックをうける。もう渋滞はなく人もまばらだ。
この小屋を越えるととてつもなく広い岩の上を登っていく。月明かりの下にサウスピークのシルエットが黒く浮かんで美しい。エドウェンはライトを使っておらず、自分もヘッドライトを消して登っていく。
IMG_7901.jpg

降ってきそうな星と月の下、無限に広がるような岩の上の氷河の爪痕をソールでグリップしながら少しずつ登っていく。遥か先に目指すべき峰が黒いシルエットをあらわす。ちょこちょこと峰の周りにライトの明かりが見え、早い人はもう頂上に達しているようだ。
最後のアタックは90mほど。なんどかターンしながら冷たい岩場をよじ登り続けると目の前に看板があらわれた。
キナバル山最高峰、LOW‘sPeakへ到着。
エドウェンと握手を交わす。たまたま自分の後ろを歩いていた白人とも握手を交わしお互い喜びを分かち合う。
「Good Climbinng!!」
山頂の足場はあまりよくないが、2~30人程度なら座っていることができる。ちょっとした隙間に腰掛けながらご来光を待つ。さすがに頂上は寒いので自転車用のダウンを着込む。あと、グローブも頂上用には指ありのものを持ってくればよかった。指先がかなり寒い。
IMG_7912.jpg

東の空が輝きだした。
IMGP3353.jpg

熱帯の雲は朝から高い。太陽のシルエットはわからないが雲間からとてつもなく美しい朝焼けを見ることができた。同部屋の3人組も同乗のシニアのご夫婦もご来光に間に合ったようだ。
IMGP3360.jpg

日が上り明るくなってから、ピークの看板などでお互いに頂上で写真を撮りあったりしていたが、まだ続々と登頂する人がいるので早々に撤収。

下りだして目に映る風景はいっぱいに広がる氷河が削りだした造形美。
IMGP3361.jpg

IMGP3363.jpg

IMGP3364.jpg

IMGP3365.jpg

IMGP3368.jpg

このような風景を一生のうちにあと何度見ることができるのだろうか。
IMG_7914_201408202138429cc.jpg

体が動くことを考えると、もう折り返し地点は越えてしまったのかもしれない。
などと考えながら大きな大きな岩の上を下っていく。
IMGP3372.jpg

エドウェンは少しリラックスしたように周りのガイドたちとおしゃべりしながら下っている。が、自分の足元には常に目を光らせ、滑りそうな個所や危険な場所は必ず声をかけてくれる。
IMG_7915.jpg
やや空腹気味になりながらもラバンラタ小屋へ8時過ぎに帰ってくることができた。

再度ゆっくりと朝食を摂る。ミーゴレンとフライドポテトがとても美味しい。
IMGP3377.jpg
ワラサ小屋に帰って荷物を再度パッキングしてから9時半頃にラバンラタ小屋より下山開始。

昨日に雨が降っているので滑りやすい。少し気を抜くとすぐに滑りそうになる。が、普通のスニーカーのような靴を履いているエドウェンはひょいひょいと歩く。まったく滑りそうにない。
兎に角長い長い下りだが、ゆっくりと着実に下る。
2回目の朝食でかなりの量を食べたのでエネルギーにも余裕がある。
昨日上ったばかりの道なので距離感もつかみやすい。休憩もほどほどにしながら下り続け、すこし膝が笑いかけてきたところで登山口近くの滝までたどり着いた。
この先にゲートまでわずか50mほどの登りがあるのだが、この登りがとんでもなく疲れた。
ゲートまでたどり着いてようやく無事に下山終了。11時半を少し回っていたかと思う。
IMG_7921.jpg

ゲートで迎えの車を待つあいだ、エドウェンといろいろと話す。どうやら日本車のピックアップトラックが欲しいようだ。
日本は軽トラ天国なので新車のピックアップトラックは全く売っていないというとびっくりしていた。個人的にマレーシアでよく見かけたいすずのD-MAXなんかはかなり惹かれるんだけど日本では売らないんだろうな。

そのうちにワゴン車が迎えに来てくれてキナバル公園本部まで送ってくれた。ここでエドウェンとはさよならをした。

公園レストランでランチバイキングも付いていた。ここで飲むビールもとても美味しかった。
IMG_7923.jpg

その後登頂証明書をツアー会社の人にもらう。こういうの嬉しい。
fc2blog_2014082021451659c.jpg

他の2パーティーの下山をぼけーっと待ってからコタキナバルのホテルへ送ってもらった。
へとへとに疲れていたが、バックパッカー3人組はこれから10時間の夜行バスに乗って明日からダイビングをしに南へ行くらしい。
若いとはいえ凄まじい元気と行動力に感心してしまった。

おしまい。
スポンサーサイト
MTB
「アドベンチャー」
いくつになってもわくわくさせる響きです。
この響きだけでご飯3杯はいける気がします。


この週末は隊長主催の保津峡ミニアドベンチャーゲームに初参加してきました。
アドベンチャーゲーム(レース)とは、3人1組のチームとなって、水モノ(カヌー・ラフティング等)・トレラン(オリエンテーリング)・MTBの複合競技。
今回はアドベンチャーレース常連のなづき女史のお声掛けで、初挑戦のこーけつさんと私の3人チームで出場してきました。

とれとれにはちょこちょこ出ているものの、こーけつさんと私は非常に地図読みがあやしい・・・('A`)
というわけで前日のMTBライディング&読図スクールから参加。
エリアはAKT。
いつもの峠をポイントで止まりながら亀岡側から上る。
峠でいったん自転車を置いてオリエンテーリング開始。

ここからが難しい。
というのもとれとれではほとんどの場合QPやPCはルート上に設置されているのだが、オリエンテーリングではほとんどルート上にはない。
ポイントを取りに行くには地形や等高線からアプローチを考えなければいけない。
最初のうちはなんとなく見つけていけたがCP7で迷走。
かなり手前の尾根をクモの巣にまみれながら探索するも見つからない。なんだかどこもかしこも道のように見えてくる。
隊長にヒントをもらってようやく現在地が全く違うことに気付く。
fc2blog_20130611175257e3b.jpg
まず徒歩やランで進む距離感が全くあっていない。そして後から気付いたのだが道のつき方が地図と微妙に違う。地図上の道は疑ってかからなければダメだ。もっと地形をみなければいけない。

オリエンテーリング講習を終えて、Yanさんのライディングスクールを交えながら楽しいAKTの下り。
激上りセクションはなんとかクリアできるが29のトラクションとパワーで上っているだけだ。
もう少し斜度が上がったり路面状態が悪くなると多分上れない。
これからはステアケースを意識的に行いながらやってみよう。

AKTの初体験ルートを亀岡側に下りて(このコース楽しかった。ガレガレルートより断然いいです。)とりあえず講習会は終了。

高槻まで温泉に入りにいって、夜は亀岡牛でBBQ。
むちゃくちゃ美味い。
fc2blog_20130611175332fea.jpg
ガッツリ食って飲んでるところで続々と翌日の参加者が登場。
みるみる酒が増えていきガブ飲みしまくった結果意識不明となりました。


翌朝。
fc2blog_20130611175349c20.jpg
完全に二日酔い。おなじくガブ飲みしていたなづき嬢もおそらく同じ状態。
3人中2人が完全グロッキー状態。なづき嬢は朝メシ食って二度寝しちゃったよ・・・。
動物・はらちよ・ヒデピチームに夜のレースで敗れてしまったようだ。

参加は26チーム。
スタッフやラフティングガイドの方も含めると結構すごい人数だ。

一発目はラフティング。
ラフティングどころかウェットスーツもはじめてだ。
ビール腹をウェットスーツで締めあげる。
ラフティングは2チームで1艇。2人チームのITKさんと同じ艇となる。

第2陣でスタート。
いきなりガチ漕ぎ。
開始10秒で吐きそうなくらい辛い。
ラフティングがこんなに激しいスポーツだったとは・・・。
1002423_368058139961932_600569191_n.jpg
2度ほどスタックしてぶっちぎりのドベになる。
どーにかこーにか飛込みポイントに辿りついてダイブ。
その後も脇が吊りそうなほど漕ぎ倒してラフトセクションがようやく終了。


この時点でバッテバテ。
もう普通に電車で帰ってテントでプシュッとやりたいよ。
が、そうは問屋がおろさない。

駅前で着替えてオリエンテーリングセクションへ。
ふと見ると自分のガチャピンジャージだけでなく、なぜか全員緑色。
カエルチームになってしまった。
他チームの方からは
「なんだこいつらは」
「なんで全員で緑色なんだ」
「気持ち悪い」
と、好奇の目で見られていく。
fc2blog_20130611175420c19.jpg
CP2→地形をみるかぎりいったいどこから取りついていいかもわからずパス。
CP5から取りに行く。
全然走る気にもならずに3人でテクテクとハイキング。
少し強引に入って行ったが無事にCP5をゲット。
峠へ戻って南側の稜線にとりつく。尾根を行ったり来たりしながら少しタイムロスしたがなんとかCP4もゲット。
山頂まで戻ってCP3もゲット。
CP6以降は捨てて駅まで戻って電車で帰る作戦。
なづきキャプテンの
「下りは走れ!!」
という叱咤のもとブヒブヒ走る。
いちおうCP2も頑張って上ってゲット。
CP2から下りてきたところで発車まで4分・・・厳しい。
が、3人で駅まで猛ダッシュしてなんとか飛び乗れた。

駅前のコンビニでガリガリ君補給ののち、CP10を取りに行く。
971999_368058029961943_1670448673_n.jpg
意外と時間がかかってしまった。

で、最後のMTBセクション。
はっきりいっていまから山に登る気分に全くなれないが、頑張って踏む。
タイム的に危ないので南側の小さな山は見捨てる。

KRTダブトラ林道の上り。あいかわらず斜度は緩いがクソ長い。
上りきってダブトラを西へ。
CP17を見落として行きすぎるが、戻ってゲットしなおす。

で、シングル。
さすがに基本とれとれバイカーなので3人ともスムーズな下り。
部分的に斜度がキツかったりいやらしい根っこがあったりするがほとんど乗っていける。
2チームほどパスして最後のCP20へ。
ひとりだと確実に怯んでしまうような藪こぎだったが、なづき嬢がもろともせずに突っ込んでいき無事にゲット。

その後ダブトラを下って川沿いをタラタラ走り無事にゴール。


毎回のことながら・・・疲れた。
それもなんだかいつもの疲れと違う。
プールから上がった後の全身の疲労感にいつものライド後の疲労が組み合わさっている感じ。
これがアドベンチャー疲れか。
1001314_786026408205269_27208955_n.jpg
ラフティングはぶっちぎりのドベで、その後もタラタラ遊びながら走っていたのに結果は8位でした。

しかし楽しいぞ。アドベンチャーレース。
南信州は先約があるので無理そうだけど、北アドは考えてみようかな☆
996173_786026044871972_1496139479_n.jpg
隊長をはじめ、チームメンバーのなづきさん・こーけつさん、スタッフ・ガイドとエントラントの皆さん。楽しい時間をありがとうございました☆
MTB
この土日は京都で朝ライド。

土曜日はMTR。
自転車はじめたての頃に何度かつれて行ってもらったトレイルだが2年以上ぶりかな?
fc2blog_2013060312281198e.jpg
アプローチの林道はやっぱり長いし辛い。

fc2blog_20130601220948b22.jpg
シングルは苦手意識のある根っこだらけのキャンバーが多い。が、ドライなこともあって意外と走れる。
調子に乗って走っていると鹿よけ(?)のネットにハンドルが引っかかってズッコケ。ラインを間違えて木に激突。やはり一筋縄ではいかない。

fc2blog_20130601221207192.jpg
ビスさんにゆずぽんの引退写真集をいただく。


日曜日はD。
父親にクルマをとられたため自走。
東エリアはやっぱり遠いわ。集合地点までで32キロ。はじめっからヘロヘロだ。
LJさんの偉大さを知る。

Dを東に下って上り返し、また西に下る。
ほどよくグリップして楽しい。

fc2blog_20130603122828892.jpg
ありがたいお言葉。
しかしこれを盲信すると多分ケガをする。


fc2blog_2013060312291043e.jpg

ライド後まなじ~さんとパン屋さんで朝食。高槻まで送ってもらって帰還。
自走で帰ってると暑さと排気ガスで溶けるところだった。
MTB
みんながガレガレ林道を100キロも走っているあいだ、楽しくダウンヒルで遊んできました。
IMG_3508.jpg

福井和泉スキー場。
ここはサマーシーズンはMTBパークとなっているのです。

人もバイクもドナドナされていきます。
IMG_3483.jpg

IMG_3493.jpg

そして下る。
ヒャッハ━(゚∀゚)━!!
IMG_3504.jpg

コースは3本で、それぞれ10分もかからずに下れてしまいます。
が、相当に手の込んだ作りで奥が深く面白いコース作りでした。
富士見とはまた全然ちがう楽しさがあります。


さて、そろそろボクも入信かなぁ・・・。

オマケ

プロが走るとこうなります。
MTB
シトロエンDS3の純正ベースキャリアにTERZOのアタッチメント(EC21)は装着できませんでした。
というわけで、THULEのアウトライドを装着。バナナクリップとは相性いいです。ハッチを開けたときにスポイラーと干渉するため逆向き。運転中レールが視界に入ることはギリギリありません(覗きこめば見えます)。
試していませんが、形状的にINNOも多分装着出来ると思います。

DS3にチャリを積もうとする変態はあまりいないらしく、純正キャリアとサイクルアタッチメントの情報がネット上になかったのであげておきます。

※追記
純正ベースキャリアでなく、TERZOのベースキャリアを使用すればもちろんのことながらEC21を装着することは可能だと思います。
が、専用モールを使用する純正ベースキャリアのほうが強度がありそうだし、(個人的には)見た目も格好いいです。ダブルシェブロンもしっかり入っていますしね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。